ブドリ|放射能汚染に負けない生活技術を学ぶ!  

放射線と放射能の違いとは?


「放射線」、「放射能」、
「放射性物質」・・・・
  色々言うけど、何が違うの?

「放射線」、「放射能」、「放射性物質」の違いを理解すること。

「放射線」「放射能」「放射性物質」   電球と光線の関係に例えると、電球が「放射性物質」、光が「放射線」、そして電球が光る性質(光る強さ)が「放射能」に相当します。
 用語を正しくおぼえよう。


「放射線」とは、原子核が壊れる(壊変する)時などに放出される高速の粒子や高いエネルギーを持った電磁波をいいます。 代表的な放射線にアルファ(α)線、ベータ(β)線、ガンマ(γ)線、エックス(X)線、中性子線があります。 放射線の種類により、物質を通り抜ける力が違います。

放射線のいろいろ

放射線の単位には、グレイ(Gy)やシーベルト(Sv)を用います。
グレイは、物質が放射線を受けて吸収したエネルギーの量を表します。
1グレイは、物質1キログラム当り、1ジュールのエネルギーを吸収したことを意味します。
シーベルトは、人体が放射線を「被ばく」したときに、その影響の大きさを測る目安として使われます。 (シーベルトについては別項で解説します。)

「放射能」とは、物質が放射線を放出する性質あるいは放射線を放出する能力をいいます。
「放射能」の強さは「1秒問に崩壊する原子の数」で表され、単位にはベクレル(Bq)を用います。 1ベクレルは、1秒間に1個の原子が壊れて放射線を出す放射性物質の量を表します。

「放射性物質」とは、放射線を放出する物質のことです。
原子の中の陽子と中性子の数のバランスが悪いと、その原子核は不安定で別の安定な原子核に変わろうとする「崩壊」がおき、 β線やy線といった放射線が放出されます。このような不安定な原子を相当数含む物質を「放射性物質」といいます。
 「放射性物質」にはナトリウム24、ラドン222、ヨウ素131、コバルト60、ストロンチウム90、セシウム137、ラジウム226、 プルトニウム239、ウラン238などがあります。
 これらの放射性物質から、放射線がまったく出なくなるには、すべての不安定な原子が「崩壊」して、 他の安定した物質に変化するまで待たなければなりません。
 放射性物質は時間とともに自然に壊れてその量が減るので、放射能の強さも時間とともに弱くなります。放射能の強さが半分になるまでの時間を「半減期」といいます。

重要「知っておきたい放射線のこと」
もっと詳しく知りたい人は、下記のサイトを見てごらん。
     :「文部科学省」 放射線等に関する副読本

それでは、次は放射線の用語の学習をしましょう!

つぎのページに進みます。