ブドリ|放射能汚染に負けない生活技術を学ぶ!  

放射線量を表す単位「ベクレル(Bq)」
とは?

放射線量を表す「単位」を理解しないと、被ばくの程度がわかりません。

「ベクレル(Bq)」  は放射性物質から放出される放射能の強さ

クーボー大博士 ■放射線の性質を表す量には、次のような4つの量が必要です。
1.放射線のエネルギー(電子ボルト:eV)
2.放射線を放出する放射能の強さ(ベクレル:Bq)
3.物質や人体が吸収した放射線の量(グレイ:Gy)
4.放射線の人体への影響を表す線量等量(シーベルト:Sv)

■「電子ボルト(eV)」は放射線のエネルギーを表す

放射線のエネルギーは、eV(エレクトロンボルト、電子ボルト) という単位で表します。
1eVとは、単位電荷をもった1個の荷電粒子(eやpなど)を1V(ボルト)の電位差で加速したときに与えられる運動エネルギーで、1eV=1.6×10-19 J(ジュール)です。
可視光線は2eV程度の電磁波ですが、γ線は同じ電磁波でもその100万倍近くのエネルギーを持っています。
電子ボルト(eV)の表現は、学術的分野以外ではあまり聞くことはありません。

■「ベクレル(Bq)」は放射性物質から放出される放射能の強さを表す

放射能の強さは、原子核の壊れ方の程度、すなわち壊変数で表し、原子核の壊変が1秒に1回起こっているときを1Bq(ベクレル)と定義されます。 でも、これはとても小さい単位です。
通常実験室で簡便に取り扱うことができるような弱い放射性物質でも100kBq(キロベクレル)程度以上あります。 きわめて強い線源になると、GBq、TBqなどの単位で表されます。

重要「ベクレル」について
もっと詳しく知りたい人は、下記のサイトを見てごらん。
       ・ベクレル - Wikipedia

それでは、次は「グレイ(Gy)」について学習をしましょう!

つぎのページに進みます。